人生に夢があるのではなく、夢が人生をつくる

人生に夢があるのではなく、夢が人生をつくる

『越境トーク』~「未来を生きる子どもたちにいま何を教えるべきか」~

【基本が一番かっこいい】

-14-2 MCSクリタ:太田社長-

 

 

越境トーク第14弾は、

オートバイは、体を鍛えるエクササイズであり、災害時には救援活動で活躍できる乗り物であると語り、世の中のバイクに対する印象を変え、モータースポーツをもっともっと世の中に普及させたいと尽力する太田さんです。

 太田さんは、35歳でバイクの世界戦に初出場、58歳の時にはバイクの世界ワールドカップに親子で参戦した経歴を持つ、アジアを代表する凄腕のライダーでもあります。

 全3回の今日は第2話です。


今日は、太田さんの仕事への思いに迫っていきます。

 

 

2 仕事への思い(ビジョン)

 

モータースポーツを盛んにする

 

バイクの販売修理の仕事の傍ら、モーターバイクの塾「太田塾」(大人対象のバイク教室、県外からの受講者もいる)を運営する太田さん。

「スポーツとしてバイクを教えること」は、太田さんの夢の1つで、4年ほど前から開塾した。

 

『 想いは、モータースポーツをもっと盛んにすることです。

その底辺を築くために、スクールを行ってバイクに乗る楽しさを伝えたいと思っています。

笑い声が響く、楽しさがあるスクールで、参加者が心身ともに健康で、技術を身に付けていくことを目指します。

 

バイクはエクササイズです。

オートバイに乗ることで大いに体幹が鍛えられ、体も健康になります

(※太田さんはとてもいい体をしていますが、筋トレなどしておらず、すべてバイクに乗ることで体幹が鍛えられた結果だといいます。)


週末に塾に来ることを目標に、仕事を頑張っている人もいて、心の健康にもつながっているのです。


技術が身に付き、その結果交通事故も減ります。

また、バイクは自然災害時に活躍できる可能性も秘めています

 

 

発災時にバイクで救援活動

 

『 私は、東日本大震災の時に、気仙沼で情報収集(生存確認や必要な物資の聞き取りなど)や物資の配達等の救護活動を行いました。

発災後2週間くらいのとき、被災地では、燃料を買うにも10時間以上並んで購入するような時期に、トラック(4t車)にバイクと燃料や物資を積み込み、現地に入って活動しました。

かれこれ7往復やりましたね。

 

常日頃から、バイクを使って人の役に立ちたいと思っています。

しかし、世間が抱くバイクのイメージは逆で、(暴走族などのイメージがあり)バイクなんて世の中のためになるわけがない、むしろ悪いものという認識すらあります。

 

実は、バイクに乗っている人は自然が大好きで、自然の中を走ることが好きだからバイクに乗っているという人が多いです。

でも世間では、バイクで自然を荒らしているとも思われています。

こうした認識を、活動しながら変えていきたいです。

 

ところで、普段バイクに乗っている人なら、誰にでもバイクで救援活動ができるわけではありません。

(バイクに乗る)技術をもっていなければ、救護活動はできません。

そのために、技術を見える化したいと思っています。

一般のライダーにライセンスをつくりたいのです。

 

ボランティア志望の人には、ライセンスを取得させ、もっているスキルを明確にして、活躍の道をつくりたいのです。

※一般の人が持てるライセンスで、技術が見えるライセンスです。
レベルごとにできる活動(例えばレベル3は情報収集可能等)を示すようなものをつくりたい。
そのための法人をつくることを考えています。 

 

 

 

世の中に新たなシステムをつくる

 

こういったシステムをつくり、世の中のためになることをしていきたいです。

これまでバイク業界が、会社を太らせる(バイクをたくさん売って儲かればそれでよし)ことしか考えてこなかったつけがあります。


残念ながら、バイクを販売した先にできる文化を創造してこなかった。

バイクは世の中のためになる、奥深い乗り物なのにです。

 

私は、中小企業家同友会で学び、「社会貢献とは何か」を考えるようになりました。

目に見える貢献をしていきたいと思っています。

どんな文化を残していくか、未来に何を残すのかは、とても大事だと思います。

 

 

レーサーとしての第一線での活躍を終え、今度はバイクで世の中に貢献したいと活動する太田さん。

真にバイクを愛しているのだなと伝わってきます。

 

 

人生に夢があるのではなく、夢が人生をつくるのです
 ~ 宇津木妙子

 

発災時に活躍が期待できるツールとしてバイクを普及させるという太田さんのビジョンは、とてつもなく大きいです。


でも、夢が大きいからこそ、太田さんの人生も、それに関わる人の人生もワクワク楽しいのだろうと思います。

 

「なかなか形にするのは難しいよ。」と太田さんは笑いますが、これからさらに多くの人が太田さんの思いの強さや熱さを知り、応援する人が増え、きっと実現していくものと確信します。

 

 

 

今日の話が、あなたの気付きになれば幸いです。


「未来を創る子どもの先生」が育つ環境を創っていくために。
志と情熱のある方々と、ご縁で繋がっていけたら幸いです。

0